犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

レプトスピラ症

 

レプトスピラ症は、レプトスピラという細菌の感染によって起こる人獣共通感染症です。

 

【原因】

 

レプトスピラ症の原因は、レプトスピラという病原性の細菌です。

 

犬には主にイヌレプトスピラ菌や黄疸出血レプトスピラ菌の感染によって引き起こされます。

 

レプトスピラ細菌に感染すると、肝障害を起こし、急性腎不全を起こすこともあります。

 

【特徴】

 

レプトスピラ症は、人獣共通の感染症です。

 

感染しても無症状なことも多く、自然治癒するタイプが多い。

 

症状が現れるタイプのものは、死亡する確率も高い。

 

【症状】

 

レプトスピラ症の症状は、次の通りです。

 

・下痢
・嘔吐
・血便
・発熱
・食欲不振
・脱水
・目の充血
・口腔内の出血

 

【予防・治療方法】

 

レプトスピラ症の治療は、抗菌剤の投与が最も効果的だと言われています。

 

肝障害や、急性腎不全を起こしている場合には、肝臓、腎臓への治療も併用して行います。

 

レプトスピラ症の一番の予防は、ワクチン接種です。

 

毎年1回受ける混合ワクチンの中に、レプトスピラ予防のワクチンも含まれているので、定期的なワクチン接種を受けるようにしましょう。

 

ウィルスは目に見えるものではないので、いつどこで感染するかわかりません。

 

レプトスピラ症の場合は、人獣共通の感染症なので、飼い主さんもワンちゃんも感染しないように、注意と予防が大切になります。

 

レプトスピラに感染しているねずみの尿や尿が含まれる土壌や水たまりでも感染します。

 

お散歩の時には、むやみに不衛生な場所には近づかないようにすることも予防になりますね。