犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

甲状腺機能低下症

 

甲状腺は喉の少し下の左右にあり、甲状腺ホルモンなどを分泌する腺組織です。

 

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌量が減少してしまう病気です。

 

【原因】

 

甲状腺機能低下症の原因は、大きく分けて2種類あります。

 

一つは、リンパ球甲状腺炎(免疫介在性)と特発性甲状腺委縮によるものです。

 

もう一つは、他の病気が引き金になり、甲状腺の機能を低下させることがわかっています。

 

【特徴】

 

代謝のために欠かせない甲状腺の機能が低下してしまう病気なので、見た目にも明らかな変化が表れてきます。

 

猫よりも犬に発症しやすく、中型犬や大型犬で純血の犬に多いと言われています。

 

【症状】

 

甲状腺機能低下症の症状は、次の通りです。

 

・脱毛
・体重増加
・食欲増加
・皮膚が黒ずむ。
・毛ツヤが悪くなる。
・元気がなく、ぼんやりすることが多くなる。
・やたらと寒がる。
・フケが多い。
・毛が薄くなる。
・表情がどこか寂しげである。

 

【予防・治療方法】

 

甲状腺機能低下症の治療法に関してですが、原因が他の病気からくる場合には、まずその病気を治療していきます。

 

それ以外の場合には、甲状腺ホルモン剤の投与での治療が可能ですが、一度治療を開始したら、生涯治療を続ける必要があります。

 

症状が改善されても、飼い主さんの勝手な判断で治療を中止するのは危険ですので、しっかりと獣医師の指示に従う事も大切です。

 

今の段階では、甲状腺機能低下症の予防法というものはありません。

 

どの病気でもそうですが、早期発見、早期治療が大切です。

 

定期的な健康診断をワンちゃんにもしてあげましょう。