犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

心室中隔欠損症

 

心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)は、生まれつき心臓の心室中隔と呼ばれる組織に欠損孔と呼ばれる穴があることで、心臓に色々な障害が起こる心臓病(心疾患)です。

 

重度になると食欲が無くなって、発育障害を起こすこともあります。

 

【原因】

 

心臓には左心房、右心室がありますが、その左右を隔てている中隔という大切な組織があります。

 

母犬のお腹にいる間や、生まれてからの発育不全などで、この組織が十分に発育しない状態の時、本来右心室から左心室へと流れる血液が、逆に左心室から右心室へと流れてしまいます。

 

心室中隔欠損症の一番の原因は、先天的なものになるという事ですね。

 

【特徴】

 

心室中隔欠損症は、心室中隔の穴の大きさによっても症状が変わってきます。

 

小さい場合は無症状のことも多いようです。

 

柴犬に多く見られる病気です。

 

【症状】

 

心室中隔欠損症の主な症状は、次の通りです。

 

・発育不全
・発育不良
・食欲不振
・咳をする。
・体重が増えない、または減っていく。
・呼吸が荒く苦しそうにしている。
・すぐに疲れてしまう。

 

【予防・治療方法】

 

心室中隔欠損症の原因が先天的なものであるので、確実な予防法はありません。

 

思い当たる症状がある場合には、早めに診察を受け、適切な治療を受けることが大切になります。

 

心室中隔欠損症の治療法についてです。

 

心室中隔欠損症という病気は、症状が軽いものから、重いものまであります。

 

これは、心室中隔の穴の大きさによって症状が変わってくるからです。

 

穴が小さく、特に症状がない場合は、特に治療はせず経過を見守ります。

 

穴が大きく症状も深刻な場合には、外科手術で心室中隔の穴をふさぎます。

 

発見が早ければ早いほど、適切な処置が出来るので、手術をしてもその後長生きしている犬もたくさんいます。

 

かなり症状が進み、心不全を起こしている場合には、強心剤や利尿剤を投与する内科的治療をします。

 

ただし、内科的治療は完治させるのではなく、進行を抑えることしかできません。

 

早期発見、早期治療が大切という事ですね。