犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

股関節脱臼

 

犬の股関節脱臼(こかんせつだっきゅう)は、先天的な関節の形成異常や生活習慣、事故などで股関節を脱臼してしまう病気です。

 

【原因】

 

股関節脱臼には、先天性の原因と後天性の原因があります。

 

先天性の場合は、遺伝によるものがほとんどです。

 

後天性の場合は、落下事故やフローリングの床の上で滑った時などに、股関節をつないでいる靭帯が切れ、大腿骨から外れてしまいます。

 

これが股関節脱臼です。

 

交通事故等が原因で、股関節脱臼になることもあります。

 

【特徴】

 

股関節脱臼の原因の一つ、先天性の場合は、大型犬に多い傾向があります。

 

【症状】

 

股関節脱臼の症状は、次の通りです。

 

・ある日突然足を引きずるようになる。
・ある日突然足を上げて歩くようになる。

 

【予防・治療方法】

 

股関節脱臼の治療に関しては、骨折がなく脱臼だけの場合は、全身麻酔をかけ皮膚の上から、脱臼している股関節を元の状態に戻します。

 

骨折をしている場合には、手術で骨折と股関節の修復を行います。

 

治療は可能ですが、完治までにはとても時間がかかります。

 

股関節脱臼の予防についてですが、まず室内で暮らす犬が多くなっていることにも原因があるようです。

 

一番の原因は、フローリングです。

 

靴下だけでフローリングの床の上を歩くと、滑りやすいですよね?

 

犬は常にこの状態なので、ちょっとしたことでも滑ってしまいます。

 

犬の体格に関わらず、踏ん張ることができない状態でいると、股関節脱臼にもなりやすくなります。

 

床にはカーペットを敷き、滑らないように工夫することが大切です。