犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

股関節形成不全

 

股関節形成不全は、犬の股関節が発育異常を引き起こす病気です。

 

一般的に両側の股関節に発症することが多いと言われていますが、片側の場合もあります。

 

病状が悪化すると、変形性骨関節症という、さらに重篤な病気に発展するため早期の治療が大切です。

 

【原因】

 

股関節形成不全の主な原因は遺伝です。

 

他には肥満や激しい運動で股関節に負担がかかった時に発症することがあります。

 

【特徴】

 

股関節が正常に形成されない、または変形してしまうため、歩き方に異常が見られます。

 

お座りをした時に、きちんと座れないことが多いです。

 

ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、ジャーマン・シェパード、ニューファンドランド、バーニーズ・マウンテンドッグなどの大型犬に多い病気です。

 

【症状】

 

股関節形成不全の主な症状は、次の通りです。

 

・腰を振って歩く。
・足を引きずる。
・足をかばって歩く。
・座り方がおかしい、きちんと座れない。
・散歩の途中で突然座り込む。
・動くのを嫌がる。

 

【予防・治療方法】

 

股関節形成不全は、早い場合には仔犬の頃から症状が表れてきます。

 

歩き方がおかしいと感じたり、きちんと座れない場合には、股関節形成不全の可能性もあるので、早めに病院で検査を受けておきましょう。

 

遺伝することも多いため、親犬に股関節の異常がないかなどもチェックしておくといいですね。

 

股関節形成不全の治療に関しては、犬の大きさ、体重、年齢によっても症状が違うため、それに合わせた治療法を選択していきます。

 

比較的年齢も若く、症状も軽い場合には、抗炎症剤や鎮痛剤を使い関節の炎症を抑えるため、長期間の内科的治療を行います。

 

内科的治療をしても効果が見られない場合や、症状が酷い場合には外科手術を行います。

 

肥満や激しい運動でも、股関節形成不全になることがあるので、日頃の食事管理や運動量の見直しも、予防策の一つになります。