犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

椎間板ヘルニア

 

椎間板とは、背骨の間にあるゼリー状の組織です。

 

主に骨と骨の間でクッションのような役割をしています。

 

犬の椎間板ヘルニアは激しい運動や老化などによって椎間板が脊髄を圧迫している状態を言います。

 

犬は他の動物よりも椎間板ヘルニアになるリスクが高いと言われています。

 

【原因】

 

椎間板ヘルニアの原因は、激しい運動(全力疾走や、ジャンプ)や、階段の上り下り、肥満などで椎間板への負担が大きくなった時に発症します。

 

椎間板の間には骨を支える髄核というものがあるのですが、椎間板を損傷することで髄核が飛び出てしまい、神経を圧迫します。

 

これにより激しい痛みが出たり、麻痺を起すこともあります。

 

加齢による骨の老化が原因になることもあります。

 

【特徴】

 

ダックスのように胴の長い犬は、特に椎間板ヘルニアになりやすい傾向にあります。

 

軟骨異栄養症性犬種(ペキニーズ、パグ、シーズー、ビーグルなど)にも多く見られます。

 

【症状】

 

椎間板ヘルニアの主な症状は、次の通りです。

 

・足を引きずって歩く。
・足をかばいビッコを引く。
・運動を嫌がる。
・触ると痛がる。
・歩けなくなることもある。
・下半身や四肢のが麻痺する。
・自力で排泄できなくなる。

 

【予防・治療方法】

 

椎間板ヘルニアは意外と多い犬の病気の一つです。

 

椎間板ヘルニアになりやすい犬種の場合は、激しい運動を避け、階段の上り下りや、ソファーやベッドからジャンプしたり、飛び乗ったりもできるだけさせないようにしましょう。

 

肥満で体重が増加した場合に、体重を支えるために脊髄や頸椎に負担がかかり、椎間板ヘルニアになる場合もあるので、食事の管理はきちんと行いたいですね。

 

犬のべスト体重を見極め管理するのも、椎間板ヘルニアの予防につながります。

 

椎間板ヘルニアの治療については、症状が軽い場合には、内科的治療で痛みを抑え安静にしながら、経過を見守ります。

 

内科的治療で効果が期待できない場合や、重症の場合には外科手術という選択肢もありますが、手術をすれば100%歩けるようになるとは限らないといった部分もあります。

 

術後にはリハビリを行いますが、犬は自分でできないために、飼い主さんのサポートが必要になります。

 

犬の苦痛を和らげてあげることが何より大切ですが、治療法に関しては獣医師とよく相談してから決めていきましょう。