犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

横隔膜ヘルニア

 

横隔膜ヘルニアは、横隔膜が何らかの原因で破れ、内臓が飛び出してしまう病気です。

 

飼い犬の呼吸がゼーゼーといった異変を感じた時は、すぐに動物病院を受診しましょう。

 

一刻も早い治療が必要で、手遅れになると命を落とすこともあります。

 

横隔膜ヘルニアは、命に関わる恐ろしい病気だということを認識しておきましょう。

 

【原因】

 

横隔膜ヘルニアの主な原因は、交通事故や強い衝撃を受けることです。

 

腹腔と胸腔の間にある横隔膜が強い衝撃を受けると破けてしまい穴が開きます。

 

その穴に内臓が飛び出し肺や心臓を圧迫することで呼吸が困難になります。

 

遺伝による先天性の場合は、母親の胎内での発育中に発生します。

 

【特徴】

 

一言で、横隔膜ヘルニアといっても症状は様々です。

 

軽傷の場合には、全く症状はありませんが、重症の場合には呼吸困難などを引き起こします。

 

【症状】

 

横隔膜ヘルニアの主な症状は、次の通りです。

 

・呼吸困難
・嘔吐
・下痢
・咳
・呼吸が荒くなる。
・立っていられなくなる。
・食欲不振
・元気がない。

 

【予防・治療方法】

 

交通事故、強い衝撃と言ったことが原因になりますが、それがどの程度のものなのかをレントゲンを撮り、ヘルニアの状態や、内臓の状態を確認します。

 

横隔膜ヘルニアの場合には、症状によって治療法も変わってきますが、緊急手術が必要になるほど深刻なケースが多いようです。

 

どんなケースでも、手術をする場合にはとても難しい手術になるので、ある程度の設備が整っていて、経験豊富な獣医師のいる病院が望ましいですね。

 

予防に関しては、散歩の時にリードを絶対に放さないなど犬が事故に合うような状況を作らないよう心がけることです。

 

仔犬や、小型犬を肩の上に抱き上げている人をよく見かけますが、大人が立ちあがった状態で肩から落下すれば相当の衝撃を受けますし、怪我もします。

 

抱き方などに注意するのも、予防の一つになるかもしれません。

 

残念ながら先天性の場合は、効果的な予防法はありません。