犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

胃捻転

 

犬の胃捻転は、何らかの原因で胃がねじれてしまう病気です。

 

食べた物が腸に届かず胃の中でガスが溜まって胃が膨らみます。

 

胃がねじれることで内臓を圧迫したり、血流が悪くなって炎症を起こしたりします。

 

胃捻転は「胃拡張」や「胃捻転症候群」とも呼ばれています。

 

食後でもないのに愛犬のお腹がずっと膨れていたり、呼吸を苦しそうにしていたり、よだれを大量にたらしている場合は胃捻転の可能性があります。

 

【原因】

 

今のところ胃捻転の確かな原因はわかっていません。

 

食事や水の量が多過ぎたり、食べるのが早く、あまり噛まずに丸飲みしてしまう犬が、食後すぐに運動をした場合に胃捻転になることもあります。

 

胃は体内で固定されていないので、胃がゆらゆらと動くと、腸と絡まってしまうことがあります。

 

また、飼い主さんが水を吸って膨らんでしまう食べ物を与えた場合に胃捻転を起こすこともあります。

 

【特徴】

 

1日1食しか与えない犬の場合は、早食いをしたり一度にたくさん食べるので、胃捻転になりやすい傾向にあります。

 

ただし、全ての犬がなるという事ではありません。

 

コリー、ボルゾイ、シェパードなど胸の深い大型犬に多い病気です。

 

その他、ダックスフンド、ペキニーズ、コッカー・スパニエルなど、小型犬や中型犬でも見られることがあります。

 

【症状】

 

胃捻転の主な症状は、次の通りです。

 

・水を大量に飲む。
・お腹がパンパンに膨れる。
・よだれを垂らす。
・苦しそうな呼吸をする。
・吐こうとするのに吐けない。
・ショック状態になる。(重度の場合)

 

【予防・治療方法】

 

胃捻転は症状にもよりますが、発見が遅れた場合には手遅れになることもあるとても危険な病気です。

 

治療法に関しては、胃にチューブを挿入し、胃に溜まったガスを抜きます。

 

ショック状態の時は、点滴や血管の確保で状態を安定させ回復を待ちます。

 

その後、外科手術でねじれた部分を修復していきます。

 

胃捻転の予防に関しては、胃捻転になりやすい犬種は、特に食事の回数や量を考えてあげましょう。

 

1日に必要な分量を数回に分けて食べさせるようにします。

 

水を多く飲む犬の場合には、小さめの食器に切り替えて、こまめに飲ませるようにしましょう。

 

食後にすぐ散歩に行くようなことはやめておいた方がいいですね。

 

食後はすぐに動かさないように、ゆっくりと休ませてあげましょう。