犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

食物アレルギー

 

アレルギーとはウイルスや細菌から体を守る免疫システムが、有害な病原菌ではなく、本来無害なはずの食べ物や花粉、ほこり、ハウスダストなどに過剰反応を起こして、炎症反応を引き起こすことを言います。

 

人間にも食物アレルギーがあるように、犬にも食物アレルギーがあります。

 

約40%の犬が食物アレルギーがあると言われています。

 

【原因】

 

食物アレルギーの主な原因は、ドッグフードの原料です。

 

炎症反応を引き起こさせる物質のことを「抗原」と言います。

 

中でもアレルギー反応を引き起こす抗原を「アレルゲン」と呼びます。

 

何がアレルゲンになるのかは犬によって個体差がありますが、食物に含まれるたんぱく質と炭水化物が食物アレルギーの原因になることが多いようです。

 

【特徴】

 

食物アレルギーが原因で外耳炎になることもあります。

 

アレルゲンは犬によって個体差があります。

 

肉類(牛、豚、鶏)、魚、卵、大豆、乳製品、穀物類(トウモロコシ、小麦)が、アレルゲンになっていることが多いようですね。

 

【症状】

 

食物アレルギーの主な症状は、次の通りです。

 

・体中に赤い湿疹ができる。
・全身を痒がる。
・嘔吐
・下痢

 

【予防・治療方法】

 

食物アレルギーの予防は、アレルゲンを取り除くことが大切です。

 

犬の食物アレルギーも検査で調べることで、アレルゲンがわかりますので、一度しっかりと検査をしておくのもいいかもしれません。

 

アレルゲンを取り続ける限り、症状は改善されません。

 

食物アレルギーの犬用のドッグフードもありますので、そういうものに切り替えて行くことも大切ですね。

 

犬の個体差に合わせたドッグフード選びも大切なことだと理解してあげてください。

 

食物アレルギー治療は、痒みで引っ掻き傷がある場合には、痒み止めや抗生物質を使い炎症を抑えます。

 

酷い場合には、薬用シャンプーで体を洗い、皮膚の炎症を抑えることも出来ます。