犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

溶血性貧血

 

溶血性貧血は、赤血球が何らかの原因で破壊されることで起こる貧血のことを言います。

 

赤血球は酸素を運んでいるので、酸素が体に行き渡らないようになります。

 

そのまま放置しておくと、酸素不足によって死亡率も高い病気でもあります。

 

【原因】

 

溶血性貧血の原因には、先天性のものと後天性のものとがあります。

 

先天性の場合は、主に遺伝による自己免疫性溶血性貧血です。

 

これは白血球が自分の赤血球を攻撃してしまう病気です。

 

後天性の場合は、抗体、血管の壁、血流などが原因になっていることが多いようです。

 

体の免疫が自分自身の赤血球を間違えて攻撃することもあります。

 

タマネギなど犬が食べると、中毒症状を引き起こす食物が原因になる場合もあります。

 

その他、犬レプトスピラ症、犬バベシア症など感染症が原因になることもあります。

 

【特徴】

 

溶血性貧血は、原因にもよりますが続発を繰り返すこともあります。

 

アイリッシュセッターやコリー、マルチーズ、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、プードル、コッカー・スパニエル、シーズーなどの犬種に多いと言われています。

 

オス犬よりメス犬に多い傾向にあるようです。

 

【症状】

 

溶血性貧血の主な症状は、次の通りです。

 

・頻脈
・呼吸困難
・黄疸
・ふらつく
・怒りっぽくなる。
・すぐ息切れをする。
・運動をしたがらない、嫌がる。
・歯茎が白くなる。
・尿がたくさん出る。

 

【予防・治療方法】

 

溶血性貧血の治療法は、点滴、酸素吸入をしながら経過を見ます。

 

貧血が酷い場合には、輸血をすることもあります。

 

症状によっては、脾臓を摘出することもあります。

 

副腎皮質ホルモンや免疫系を抑制する内服薬の投与をする内科的治療もあります。

 

溶血性貧血の場合には、予防法がないため、思い当たる症状が出た場合にはすぐに動物病院に連れて行き、適切な治療を受けることが大切になります。

 

どんな病気でもそうですが、溶血性貧血に関しても、早期発見、早期治療が大切だという事です。