犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

気管虚脱

 

気管虚脱は気管が扁平に変形してしまうため、呼吸がしづらく呼吸困難等を引き起こす病気です。

 

【原因】

 

気管虚脱にはいくつかの原因が考えられます。

 

遺伝、肥満、老化など原因も様々です。

 

慢性の気管支炎の場合に、気管自体が変形してしまい気管虚脱になる場合もあります。

 

【特徴】

 

呼吸をする気管が扁平に変形してしまうので、息がしづらいため、ガチョウのようなガーガーと音が出る独特の咳をします。

 

 

ミニチュアやトイ、ヨークシャーテリア、チワワ、ポメラニアンなど小型犬に多く見られます。

 

【症状】

 

気管虚脱の主な症状は、次の通りです。

 

・ダチョウの声のような独特の咳をする。
・呼吸が苦しそう。
・チアノーゼ(酸素が不足すること舌が青紫になる)
・呼吸困難

 

【予防・治療方法】

 

気管虚脱は、軟骨の変形によって気管が押し潰されることで起こる病気なので、とても治療が難しい病気です。

 

気管拡張剤や鎮咳剤を投与していき、症状を緩和しコントロールするのが一般的な治療です。

 

呼吸ができない場合には、酸素吸入をし、呼吸を助けてあげます。

 

外科手術という方法もありますが、治療法に関しては、獣医師とよく相談して決めるようにしてください。

 

気管虚脱は再発率が高く、完治が難しい病気です。

 

気管虚脱の予防については、気管虚脱になりやすい犬種は、食事の管理もしっかり行い、肥満防止に努めます。

 

散歩の時も、カラーで喉を締め付けてしまうので、ハーネスなど喉に負担がかからないものに切り替えてあげることも大切です。

 

少しでも思い当たる症状があった場合には、できるだけ早く動物病院で診察を受け、適切な処置を受けさせてあげましょう。