犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

気管支狭窄

 

気管支狭窄は、何らかの原因で気管もしくは気管支が狭くなることによって、空気が通りにくなる病気です。

 

【原因】

 

気管支狭窄は、何かを誤飲した時や異物を飲み込むことで気管が狭くなった時に起こります。

 

他の病気が原因で、気管が狭くなり気管支狭窄になることもあります。

 

食道に腫瘍や炎症がある場合にも、気管支狭窄になることがあります。

 

【特徴】

 

飲み込んだ異物が細いものや小さいものの場合には、症状が出ないこともあります。

 

この場合、見た目では判断できないので、とても難しい病気です。

 

【症状】

 

気管支狭窄の主な症状は、次の通りです。

 

・嘔吐
・吐き気
・呼吸困難
・ゼーゼーという荒い呼吸音がする。
・首を痛がる。
・チアノーゼ(酸素が不足すること舌が青紫になる)

 

【予防・治療方法】

 

気管支狭窄の治療に関してですが、異物の大きさにもよりますが、まず第一に異物を取り出すことが先決です。

 

麻酔をかけ犬の姿勢を変え、異物を取り除くことができる場合もあります。

 

それでも取り出せない場合や、腫瘍が原因となっている場合には、手術で異物や腫瘍を取り除いて行きます。

 

気管拡張剤で気管を広げ呼吸を楽にする治療法もあります。

 

気管支狭窄の予防としては、異物を飲み込むなど、そういう危険な環境を作らないことが大切ですね。

 

室内は常に整理し、掃除をし床や犬の手の届くところに、飲み込めるようなものを置かないようにしましょう。

 

他の原因の場合には、少しでも呼吸がおかしいと感じたら、すぐに動物病院に連れて行き、検査を受け適切な治療を受けさせてあげることです。