犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

内耳炎

 

内耳炎は、その名の通り内耳の部分に炎症を起こす病気です。

 

内耳は中耳よりも奥にあり、振動を耳の奥に伝える働きをしています。

 

内耳は音を聞き分ける「蝸牛(かぎゅう)」という器官と、バランス感覚に関わる「三半規管」という2つの器官から構成されています。

 

そのため、呼びかけに無反応だったり、足元がふらついてると内耳炎の可能性があります。

 

【原因】

 

内耳炎の主な原因は、細菌やウイルス感染、ダニ、異物混入、腫瘍、ポリープによるものです。

 

元々外耳炎をこじらせて、内耳炎になってしまう場合もあります。

 

その他、耳の打撲が原因になることもあります。

 

【特徴】

 

中高齢や老犬になるとなりやすい傾向にあるので、ある程度の年齢になったら注意が必要な病気です。

 

また、スパニエル種など耳の長い犬種に多いことが知られています。

 

【症状】

 

内耳炎の主な症状は、次の通りです。

 

・左右どちらか炎症が起こっている方向に傾く。
・耳が遠くなる。
・まっすぐ歩けない。
・転びやすい。
・食欲低下
・嘔吐
・耳を痒がる。
・頭をよくふる。
・顔面麻痺。(重症の場合)

 

【予防・治療方法】

 

内耳炎は、外耳炎や中耳炎をこじらせて発症することも多いため、これが原因となっている場合には、まず外耳炎、中耳炎の治療を行います。

 

炎症を引き起こしている病原体を特定して、抗菌薬や抗生物質を投与します。

 

腫瘍やポリープがある場合は外科手術を行います。

 

たれ耳の犬は、どちらかというと耳の病気になりやすいので、特に注意しておくといいですね。

 

耳が立っている犬種でも、高齢になってくると、内耳炎になりやすいので、ある程度の年齢になったら、定期的な耳掃除や健康診断も結果的には内耳炎の予防につながりますね。

 

細菌感染が原因になっている場合には、耳だけでなく全身に抗生剤を投与していきますが、再発しやすいため根気よく治療と予防をしていくことが大切です。

 

内耳炎になってしまった場合には、聴力を失ってしまう可能性もありますので、日ごろの健康管理とともに、耳の状態もよく確認しておく習慣をつけておきたいですね。