犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

外耳炎

 

外耳炎は、外耳という耳の中でも鼓膜の手前の領域に炎症が起きる病気です。

 

外耳炎は犬が最もかかりやすい耳の病気の一つです。

 

放置していると中耳炎や内耳炎を引き起こすことになります。

 

【原因】

 

外耳炎の主な原因は、真菌や細菌感染によるものです。

 

この他には、寄生虫(耳ヒゼンダニ)が原因となり外耳炎になる場合もあります。

 

何か異物が入り込み、外耳道が狭まり外耳炎になる場合もあります。

 

また、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの犬の約8割は外耳炎を発症しているという報告もあります。

 

【特徴】

 

たれ耳の犬種に多い病気です。

 

シェルティー、マルチーズ、シーズー、ダックスフントなどは、特に外耳炎になりやすい傾向にあります。

 

一度なると完治しにくく、再発しやすい特徴があります。

 

梅雨など湿気の多い時期は外耳炎を発症するリスクが高くなります。

 

【症状】

 

外耳炎の主な症状は次の通りです。

 

・耳垢が多い。
・耳を痒がる。
・粘り気のある黒くて臭い耳垢がたまる。
・頭をふる。
・しきりに耳を気にする。
・外耳道がふさがるほど腫れる。(悪化した場合)

 

【予防・治療方法】

 

外耳炎はこじらせてしまうと、中耳炎や内耳炎になってしまう事も多いですね。

 

外耳炎の予防は、まず定期的な耳の掃除です。

 

ただし、耳掃除のやり方によってはかえって悪化させてしまう事にもなりかねません。

 

耳掃除は綿棒等を使うと、耳垢を押し込んでしまったり、耳の中を傷つけてしまう事もあります。

 

耳専用の洗浄液を使う方が、安全で効果的です。

 

外耳炎の予防のためにも、洗浄液を使って耳掃除をしてあげましょう。

 

治療に関してですが、この場合もまずは耳の中をキレイに洗浄していきます。

 

真菌や細菌が原因の場合には、合わせて抗真菌剤や抗生物質を投与していきます。

 

寄生虫が原因の場合には、駆除薬を投与していきます。