犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

結膜炎

 

人間にも結膜炎があるように、犬にも多くある目の病気ですね。

 

結膜炎はまぶたと眼球をつなぐ膜の部分(結膜)が炎症を起こす病気です。

 

目ヤニが多く出ていると結膜炎の可能性があります。

 

【原因】

 

結膜炎の原因は、細菌やウイルスによるものもあれば、アレルギーが原因になっていることもあります。

 

また、寄生虫が原因となって結膜炎になることもあります。

 

その他、ホコリや異物、逆さまつ毛、毛などが入ったり、目に刺さることで結膜炎になることもあります。

 

【特徴】

 

犬の結膜炎も人間の結膜炎のように、目が充血して真っ赤になります。

 

痛みや痒みも伴うので、見ているだけでも辛そうな病気です。

 

人間の結膜炎と、原因も症状もほぼ同じですね。

 

キャバリア、パグ、ウェスティなどの犬種が、結膜炎になりやすい傾向があります。

 

【症状】

 

結膜炎の主な症状は、次の通りです。

 

・目の充血、目が赤い。
・目を痒がる。
・痒みがあるので、目を前足でこする。
・顔を床にこすりつける。
・目が腫れる。
・涙が多くなる。
・目ヤニが増える。
・まばたきが多い。

 

【予防・治療方法】

 

犬の結膜炎の治療は、点眼薬や眼軟膏を使った治療をしていきます。

 

これにより炎症を抑えていきます。

 

逆さまつ毛や毛が原因の場合には、顔の特に目の周りの毛を短くカットしたり、まつ毛を抜くことで、結膜炎になる原因を取り除いて行きます。

 

寄生虫の場合には、駆除薬を使い、アレルギーの場合には、アレルゲンとなるものを排除していくことも大切ですね。

 

治療だけでなく、予防にもつながります。

 

結膜炎もこじらせてしまうと、完治も時間がかかりますし、犬も辛そうです。

 

特に結膜炎になりやすい犬種は、日ごろから眼の状態もよくチェックしておきましょう。