犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

咽頭炎

 

咽頭炎は、口と食道の間にある咽頭に炎症が起こる病気です。

 

咽頭の範囲は広く、口寄りの部分を「咽頭口部」、鼻寄りの部分を「咽頭鼻部」、食道寄りの部分を「咽頭喉頭部」と言います。

 

犬の咽頭炎をわかりやすく表現するとしたら、風邪をひいた時に感じるのどの痛みといった感じでしょうか。

 

食事の量が減ったり、鳴き声がおかしい時は、咽頭炎の可能性があります。

 

【原因】

 

咽頭炎の原因は様々です。

 

鼻腔炎や歯周病、ウイルスや細菌感染、アレルギーなどが原因になることもあります。

 

先天的に咽喉に異常があることもあります。

 

食事の時に、動物の骨などで喉に傷が付くことでそこが炎症を起こし、咽頭炎になる場合もあります。

 

また、排気ガスやタバコの煙、薬品を吸い込むことで、咽頭炎になる場合もあります。

 

その他、鼻炎、犬ジステンバー、口内炎などの内科疾患から咽頭炎を引き起こしてしまうこともあります。

 

【特徴】

 

咽頭に炎症を起こしますので、声がかすれたり鳴き声が変わることもあります。

 

人間の扁桃腺が腫れた時のように、痛みを伴います。

 

短頭種やアレルギーを持っている犬にかかりやすい傾向にあります。

 

【症状】

 

咽頭炎の主な症状は、次の通りです。

 

・咳をする。
・喉の痛み。
・食欲不振
・嘔吐
・口で呼吸をするので、よだれを垂らす。
・呼吸困難
・出血することもある。
・ゼーゼーと苦しそうな呼吸をする。

 

【予防・治療方法】

 

人間の風邪と同じで、まず栄養を摂り安静にしていることが一番の治療になります。

 

ウイルスが原因の場合には、抗生剤等を投与する内科治療を行います。

 

異物がある場合は取り除きます。

 

呼吸困難を起こしている場合には、呼吸器などで呼吸をしやすいようにしてあげます。

 

化学薬品やガス等を吸い込むことで、咽頭炎になることも多いので、そういった危険なものをそばに置かない、近づかせないようにするのも、予防策の一つですね。