犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

乳腺炎

 

犬の乳腺炎は、その名の通り乳腺に炎症を起こす病気です。

 

出産後や授乳中の母犬は特に注意が必要な病気です。

 

【原因】

 

乳腺炎の主な原因は、産後しばらくして仔犬に歯が生え始める頃、授乳中に仔犬の歯で乳頭を傷つけてしまう事があります。

 

この時、傷口からの細菌感染で、乳腺炎を起こすことが多いですね。

 

また、急激な離乳などで乳汁が溜まってしまい、これが原因で乳腺炎になることも珍しくありません。

 

生まれた仔犬の頭数が少なく、乳汁が過剰分泌されることで乳腺炎を起こすこともあります。

 

偽妊娠によって乳腺が張って乳汁が分泌され、乳腺炎を起こしてしまうこともあります。

 

その他、ホルモンバランスの乱れで、乳腺炎になることもあります。

 

【特徴】

 

産後の母犬に多く見られる病気です。

 

発情時のホルモンバランスの変化などで、発情後のメスに多い病気です。

 

授乳期に乳腺炎になった時は、子犬への細菌感染を防ぐために授乳は中止します。

 

【症状】

 

乳腺炎の主な症状は、次の通りです。

 

・乳腺が腫れる。
・乳腺が熱っぽくなる。
・痛みがある場合は、触られるのを嫌がる。
・分泌物が出ている。
・炎症が原因で全身に発熱がみられる。
・食欲低下
・妊娠していないのにお乳が出る。

 

【予防・治療方法】

 

乳腺炎は炎症を鎮める治療をします。

 

抗生剤や抗消炎剤の投与が一般的ですね。

 

ウイルスや細菌に感染していない時は、消炎剤やホルモン剤で治療をします。

 

お乳の腫れが酷い場合は患部を冷やします。

 

お乳の周りに傷がある場合には、乳腺炎になりやすいので、日ごろからお乳の周囲の様子も確認しておくようにしましょう。

 

早すぎる離乳も、乳腺炎の原因になります。

 

仔犬の健康のことを考えた時も、できれば長くお乳を飲ませてあげたいですね。

 

特に、産後の母犬は、乳腺炎になりやすいこともあるので、飼育環境は常に清潔にしておくことも大切です。

 

仔犬の爪で傷つけてしまう事もあるので、仔犬の爪を切り先を尖った状態にしないことも予防につながります。

 

妊娠していないメス犬が乳腺炎を繰り返す場合は、避妊手術をすることで再発を防ぐことができます。