犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

膀胱炎

 

犬の膀胱炎は人間の膀胱炎と同じく、何らかの原因で膀胱が傷つき炎症を起こす病気です。

 

多飲多尿になったり、尿の臭いがきつくなったりすると膀胱炎の可能性があります。

 

【原因】

 

犬の膀胱炎は、いくつかの原因が考えられています。

 

主な原因となっているのは、細菌感染(大腸菌、ブドウ球菌)です。

 

この他では、膀胱の中にできた結石や結晶、寄生虫や腫瘍が原因となる場合もあります。

 

稀に交通事故などの外傷により、膀胱に傷がつくことも原因の1つです。

 

【特徴】

 

オス犬に比べてメス犬の方が尿道が短いため、かかりやすい傾向にあります。

 

また、犬の膀胱炎はトイプードル、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアダックス、シーズー、柴犬などの小型犬がなりやすいと言われています。

 

その理由は、小型犬は中型犬や大型犬に比べて水を飲む量が少ないためと考えられています。

 

中型犬はコーギーが多いようです。

 

犬の膀胱炎は泌尿器系の病気の中で最も多く、一度なると慢性化しやすくなります。

 

【症状】

 

膀胱炎の主な症状は、次の通りです。

 

・オシッコの回数が増える。
・一回の尿の量が少ない。
・血尿が出ることもある。
・尿の色が濁る。
・食欲低下

 

【予防・治療方法】

 

犬の膀胱炎も考え方としては、人間とほぼ同じと言っていいと思います。

 

まず、オシッコを我慢させないことが大切ですね。

 

飼育環境を清潔にしてあげることも、結果的には膀胱炎の予防につながっていきます。

 

トイレを清潔にしたり、排泄後にお尻を拭くなど、飼い主さんのこまめなケアで予防できますよ。

 

食事の内容も、年齢にあったドッグフードに切り替えていくなどの工夫も大切です。

 

毎日のオシッコの様子をしっかりと観察しておくことも必要ですね。

 

ペットシーツは表面が白いものの方が、オシッコの色などの変化にも気づきやすいのでオススメです。

 

人間の膀胱炎と同じで、慢性化しやすく再発の可能性も高い病気ですので、早期発見、早期治療が何よりも大切という事を理解してあげてください。

 

膀胱炎の治療は、抗生物質の投与が一般的です。

 

2〜3週間、細菌がいなくなるまで投与を続けます。

 

薬を飲ませる場合には、獣医師の指示に従いきちんと飲ませてあげましょう。

 

腫瘍による膀胱炎の場合は、外科手術、抗がん剤治療が行われます。

 

手術が必要な膀胱炎は再発の可能性が高いため、定期的に検診を受けるといいでしょう。

 

他に病気がある場合には、その病気の治療もしていきます。