犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

関節炎

 

関節炎は軟骨がすり減って関節に炎症が生じる病気です。

 

関節炎は犬に非常によく見られる病気の一つです。

 

足を引きずったり、地面から足を上げたり、足のバランスが取れなかったりするなど、愛犬の歩き方がおかしい時は、関節炎の可能性があります。

 

【原因】

 

関節炎の原因については、いくつか考えられます。

 

一番多いとされているのが肥満ですね。

 

太ることで体重を支えきれず関節に炎症が起きてきます。

 

それに加えて、過度な運動、筋力不足、外傷、加齢、リウマチなどの病気も関係してきますので、様々な原因がかなさり合う場合もあります。

 

先天性の場合は、生まれつき骨が変形していたり、関節がずれています。

 

これは「股関節異形成症」による関節炎です。

 

この場合は、手術しなければ根治が困難なこともあります。

 

【特徴】

 

関節炎は進行性の病気で、完治が難しいと言われています。

 

また、外見では判断しにくい病気です。

 

触診やX線検査を行い診断します。

 

関節炎になると、寒い時期に痛みが酷くなることが多く、特別なケアが必要です。

 

体が冷えることで血行が悪くなると、関節周辺の筋肉が凝り固まって関節炎が悪化してしまうことも多いようです。

 

ゴールデンレトリバー、ラブラドール、ポメラニアンなどの犬種は、関節炎になりやすい傾向にあります。

 

トイプードルやヨークシャーテリアなどの小型犬の場合は、膝蓋骨脱臼から関節炎を発症するケースもあります。

 

膝蓋骨脱臼は、膝のお皿の骨(膝蓋骨)が外れてしまう病気です。

 

膝蓋骨脱臼になると膝に大きな負荷がかかるため、関節炎になるリスクが高まります。

 

【症状】

 

関節炎の主な症状は、次の通りです。

 

・歩くのを嫌がるようになる。
・少しの段差でも避けるようになる。
・関節に痛みがある場合は足をかばう。
・触られるのを嫌がる。

 

【予防・治療方法】

 

関節炎は、外見から判断が付きにくく、かなり症状が進行してからでないと、気づかない飼い主さんも多い病気です。

 

一番の原因でもある肥満は、日ごろの食事や運動量をしっかりと管理することで、ある程度予防もできます。

 

高齢犬が関節炎になりやすいのは、老化が原因と言えます。

 

関節の軟骨を助けるための食事やサプリメントも効果があるので、取り入れてみるのもいいかもしれません。

 

関節炎の予防・改善には動物性タンパク質やグルコサミン、コンドロイチンといった栄養素が効果的です。

 

また、若いからといって過激な段差を上り下りしていると、それが原因で関節炎になることもあります。

 

関節に負担のかかるような運動をさせたりしないように注意することも大切ですね。

 

フローリングやタイルなどの滑りやすい床は関節炎の原因になります。

 

すべり止め用のカーペットや、犬用ソックスを履かせて対処しましょう。

 

寒いと関節の痛みが強まるので、室温には十分気を配り、体を冷やさないようにしましょう。

 

冬のお散歩には防寒着を着せると良いでしょう。

 

関節炎が酷くならないように飼い主さんがしっかりとケアしてあげましょう。

 

関節炎の治療は軽度であれば痛み止めや抗炎症剤などの注射薬や飲み薬を投与します。

 

それと並行して減量や運動の制限などを行って症状が悪化するのを防いでいきます。

 

それでも効果が出ない場合では、手術など外科治療も視野に入れることになります。

 

海外では幹細胞療法という治療法が普及してきているようです。

 

犬の細胞を培養して幹細胞を作り、それを関節に注入して患部を治癒させる画期的な治療法です。

 

ただし、日本ではまだ普及していません。

 

慢性的な関節炎は治療を行っても進行してしまうことが多く、長期的な治療が必要となってしまいます。