犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

急性胃炎

 

人間の急性胃炎と同じように、犬にも急性胃炎という病気があります。

 

急性胃炎は、何らかの原因で胃の粘膜に急激に炎症が起こる病気です。

 

【原因】

 

急性胃炎の原因については、食物アレルギー、腐ったフードや水、犬にとって毒性のある食べ物、感染症等が考えられます。

 

異物を誤飲した場合にも、急性胃炎になることがあるので、覚えておきましょう。

 

人間同様に、食べ過ぎやストレスが原因になることもあります。

 

薬の副作用などもあるので、薬を飲ませる時には注意しましょう。

 

【特徴】

 

痛みのためにお腹が緊張して、激しい吐き気を伴います。

 

嘔吐物の中に血が混じっていることもあります。

 

胃酸によって食道が傷つき、逆流性食道炎を発症してしまうこともあるため注意が必要です。

 

一般的に急性胃炎の場合は1週間ほど症状が続きます。

 

慢性胃炎へと悪化してしまった場合には症状が1週間以上続くことがあります。

 

【症状】

 

急性胃炎の主な症状は、次の通りです。

 

・嘔吐
・吐き気
・脱水
・下痢
・食欲低下
・腹部の痛み

 

【予防・治療方法】

 

犬の急性胃炎についても、人間の場合と同じだと思います。

 

いくつかの原因があるように、その対処法も様々です。

 

ストレスや食べ過ぎの場合には、ストレスの原因をまず確かめ、出来るだけストレスがかからないようにしてあげることが大切です。

 

食べ過ぎの場合には、絶食が一番効果的です。

 

薬が原因の場合には、薬の投与を中止します。

 

食物アレルギーの場合には、アレルゲンとなるものを排除していきましょう。

 

腐食性胃炎の場合には、緊急を要する場合もあるので、すぐに病院に連れて行き適切な処置をすることが大切です。

 

犬の急性胃炎は原因によって、対処法も違ってくるので、すぐに適切な処置ができるようにしておくことも大切ですね。

 

基本的には、間違ったもの食べさせないことが最大の予防となりますので、飼い主さんが普段から気をつけてあげることが大切です。

 

お散歩中の拾い食いや植物などにも注意が必要です。