犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

腎盂腎炎

 

腎盂腎炎(じんうじんえん)は、何らかの原因で腎盂と呼ばれる器官が炎症を起こす病気です。

 

腎盂は腎臓と尿管の接続部にあたります。

 

尿は一時的に腎盂に集められてから、尿管を通って膀胱に溜まります。

 

血尿が出たり、餌を食べなかったり、散歩に行きたがらない時は腎盂腎炎の可能性があります。

 

【原因】

 

犬の腎盂腎炎の原因は、尿路感染症で、それもかなり症状の重い感染になります。

 

尿が集まる腎盂という場所があるのですが、細菌感染している尿や尿路が鬱滞(血の流れが停滞してしまう状態のことをいいます)している時、炎症を起こし腎盂腎炎になることもあります。

 

糖尿病、水腎症、腎硬化症、間質性腎炎、副甲状腺機能亢進症、尿毒症などが原因になることもあります。

 

腎盂腎炎が原因で慢性腎不全などの重篤な病気を引き起こす可能性もあるため、早急な治療が大切です。

 

【特徴】

 

腎盂腎炎は慢性になりやすく、初期の段階では症状が出にくく、かなり病気が進行してからでないと気付かない病気です。

 

膀胱炎とよく似た症状があります。

 

ゴールデンレトリバー、ジャーマンシェパード、ミニチュアシュナウザー、プードル、シーズー、ビーグル、ドーベルマンなどの犬種は腎盂腎炎の発症率が高いと言われています。

 

【症状】

 

腎盂腎炎の主な症状は、次の通りです。

 

・食欲低下
・元気がない
・吐き気
・腹痛
・血尿
・尿が臭い
・発熱(急性の場合)
・尿がにごる
・多飲多尿

 

【予防・治療方法】

 

かなり病気が進行してから気づくので、腎不全を起こしている場合も多い病気です。

 

尿路感染が前立腺なのか、尿道なのか、膀胱なのかによっても変わってきますが、どこに炎症を起こしているかをレントゲン写真を撮ることで確認できます。

 

どの場合も、治療には抗生物質を投与します。

 

膀胱炎と症状がよく似ていることから、膀胱炎と間違えることもありますが、尿の細菌培養をすることで見極めることができます。

 

慢性化しやすく、飼い主さんが腎盂腎炎だと見抜くことがとても難しい病気なので、毎日のオシッコの状態を確認することも予防の一つになりますね。

 

腎盂腎炎を完全に予防することは難しいので、少しでも思いあたる症状を感じた時には、早めに動物病院に連れて行ってあげることも大切です。