犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

アトピー性皮膚炎

 

犬のアトピー性皮膚炎は、アトピー素因のある犬に発症する皮膚病です。

 

何らかの原因で皮膚のバリア機能が低下することで、アレルゲンが体内に入って刺激となり、皮膚が炎症を起こす病気です。

 

アトピー性皮膚炎は犬に多い皮膚疾患の一つになります。

 

症状や原因は人間のアトピー性皮膚炎とほぼ同じと考えていいでしょう。

 

【原因】

 

アトピー性皮膚炎の原因は、ハウスダスト、花粉、カビなどのアレルゲンを吸い込んだり、アレルゲンとなる食材などになります。

 

ストレスで体内のホルモンバランスが乱れることで、免疫力が低下して、アトピー性皮膚炎になることもあります。

 

【特徴】

 

慢性化しやすく若い年齢の犬に多い皮膚病です。

 

顔、脇、お腹、内腿、指間など柔らかい部分に発症しやすい傾向にあります。

 

ブルドッグ、フレンチブルドッグ、パグ、ミニチュアシュナウザー、トイプードル、ミニチュアダックスフンド、ゴールデンレトリバー、イングリッシュセターなどの犬種にかかりやすいと言われています。

 

膿皮症、結膜炎、外耳炎などの合併症が起こることもあります。

 

【症状】

 

アトピー性皮膚炎の主な症状は、次の通りです。

 

・皮膚に赤みのある湿疹ができる。
・激しい痒み。
・皮膚が乾燥する。
・湿疹ができた部分に脱毛が見られる。
・咳
・呼吸異常

 

【予防・治療方法】

 

アトピー性皮膚炎の治療についてですが、最初に血液検査や抜毛検査などのアレルギー検査を行いアレルゲンを調べます。

 

皮膚に炎症を起こしていて、痒みを伴う事も多いので、まずは炎症と痒みを和らげ、抑える治療をしていきます。

 

アトピー性皮膚炎の治療は、一般的に薬物療法です。

 

かゆみを抑える飲み薬やステロイド剤や抗ヒスタミン薬などの塗り薬を使って治療をします。

 

その他、アトピーの原因となっているアレルゲンを体に入れることで症状を和らげる減感作(げんかんさ)療法もあります。

 

アレルゲンに慣れさせようとする治療法です。

 

皮膚が乾燥しているので、皮膚の保湿もしていきます。

 

薬用シャンプーで全身を清潔に洗ってあげるのも効果的です。

 

アトピー性皮膚炎の予防に関しては、まず原因を突き止めその原因を排除していくことが大切です。

 

飼い主さんがスキンケアとアレルゲンの除去をしてあげることが大切です。

 

飼育環境の見直しも必要ですね。

 

常に清潔な環境を作ってあげましょう。

 

人間と同じように、アレルゲンがある限り病気も発症しやすくなります。

 

花粉やハウスダストは目に見えないので、空気清浄機を設置して室内の空気を綺麗にするのも効果があります。

 

ドッグフードも犬の体質に合ったものを選んであげるようにしましょう。