犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

前立腺肥大

 

犬の前立腺肥大は人間と同じく前立腺と呼ばれている生殖器が何らかの原因で肥大する病気です。

 

前立線が肥大することで、周辺の臓器を圧迫し、色々な障害を引き起こします。

 

便秘がちだったり、尿が出にくくなっていると前立腺肥大の可能性があります。

 

【原因】

 

犬の前立腺肥大の原因は、はっきりとしたものはわかっていないものの、オス特有の病気であることから、男性ホルモンが大きく関係していると考えられています。

 

人間と同じように、犬も年を取ると様々な老化現象が表れてきます。

 

この老化によるホルモンバランスの変化(乱れ)が原因であると言われています。

 

その他、遺伝や生活習慣、食生活による影響も関係しているのではないかと考えられています。

 

【特徴】

 

オス犬特有の病気です。

 

犬種に関係なく全てのオス犬に発症する可能性があります。

 

オス犬の中でも去勢していない高齢犬(6歳以上〜)に多い病気です。

 

前立腺肥大はほとんど自覚症状がないため、早期発見が難しいと言われています。

 

膀胱が圧迫されると膀胱炎になったり、腎臓の疾患にもつがなる可能性があります。

 

直腸が圧迫されると結腸閉鎖になって、便の出が悪くなることもあります。

 

【症状】

 

前立腺肥大の主な症状は、次の通りです。

 

・便秘
・血尿
・膀胱炎
・尿が出にくくなる。
・尿の量が減る。
・便の回数が増える。

 

【予防・治療方法】

 

前立腺肥大の治療は、ホルモンバランスの乱れを治すためにホルモン剤の投与をする内科的治療があります。

 

しかし、一番効果的だと言われているのは去勢手術です。

 

去勢手術は半永久的に効果があると言われています。

 

犬種にもよりますが、だいたい1歳くらいになると去勢手術が行なえます。

 

高齢になるほどに、前立腺肥大の発症率も高くなる傾向にあるので、将来的な病気予防のためにも、できるだけ早い時期に去勢手術をすることも大切なことになります。

 

前立腺肥大以外にも、オス犬特有の病気の予防にもつながります。

 

人間の勝手な考えで、持って生まれたものを取ってしまう事は、一見残酷なことのようにも思えますね。

 

しかし、こうすることで将来かかる可能性の高い病気を予防し、長生きすることができるのであれば、犬の健康のためにも選択肢の一つとして考えておく必要があるのかもしれませんね。

 

ドッグショーに出場予定がない犬や交配の予定がない犬は、去勢手術も視野に入れておきましょう。

 

その他、動物病院で定期的な健康診断を受けることも大切です。

 

レントゲンを撮ってもらうことで早期発見につながります。