犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ネフローゼ症候群

 

犬のネフローゼ症候群は、腎臓の障害等によって尿の中にたくさんのタンパク質が漏れ出てしまう状態の総称です。

 

愛犬の顔や足がむくんでいたり、お腹が膨らんでいたり、食事の量は同じなのに体重が減少しているとネフローゼ症候群の可能性があります。

 

【原因】

 

ネフローゼ症候群の主な原因は、腎臓の病気(糸球体腎炎・腎アミロイドーシスなど)です。

 

この他にも、糖尿病、白血病、腫瘍、感染性の病気、腎臓に負担がかかる薬の服用等が原因になることもあります。

 

アレルギーなどの免疫系の病気が原因になることもあります。

 

【特徴】

 

ネフローゼ症候群は初期の段階では、無症状なので見極めるのが難しい病気です。

 

人間あれば尿の泡立ち具合や臭い、色などで気付くことがあるそうですが、犬のタンパク尿に気付くことは非常に難しいでしょう。

 

ゴールデンレトリバーやビーグルなどの犬種は遺伝的に発症しやすい傾向にあるようです。

 

【症状】

 

ネフローゼ症候群の主な症状は、次の通りです。

 

・尿たんぱく(初期)
・食欲低下
・お腹が膨れる
・むくみ
・高脂血症
・高ナトリウム血症
・血液が固まりにくくなる
・血栓ができやすくなる
・抵抗力の低下

 

【予防・治療方法】

 

ネフローゼ症候群の原因となる病気が他にある場合には、まずその病気の治療をします。

 

高脂血症、高血圧、高ナトリウム血症といった症状がある場合には、利尿剤や抗炎症剤などを投与しながら、ナトリウムやたんぱく質を抑えた処方食を取り入れていきます。

 

ネフローゼ症候群になると血が固まりにくくなり、血栓もできやすくなるため、運動を制限したり、抗血栓剤で血栓ができないように予防を兼ねた治療もします。

 

原因が多種にわたるため、完全な予防策がありません。

 

しかし、定期的な尿検査をすることで、初期の段階で病気を発見することもできます。

 

ネフローゼ症候群以外の病気予防にもつながるので、愛犬にも定期的な健康診断を習慣にしておくといいですね。