犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

脂肪腫

 

犬の脂肪腫は、皮下組織に脂肪が固まり、長い時間をかけて腫瘍化していく病気です。

 

お腹や胸や内股などの皮膚に、脂肪のような塊がある時は脂肪腫の可能性があります。

 

【原因】

 

はっきりとした原因については、解明されていません。

 

【特徴】

 

若い犬よりも老犬に多い病気です。

 

肥満気味の犬の方が、脂肪腫になる確率が高いようです。

 

オス犬よりもメス犬に多く発症し、約2倍程度という報告があります。

 

腫瘍の大きさは様々で、中には10cm以上になる大きなものもあります。

 

脂肪腫が出来やすい場所としては、胸部、わき腹、内股です。

 

脂肪腫は腫瘍ですが、良性の腫瘍なので痛みなどはなく、命に別状はありません。

 

犬種ではラブラドール・レトリーバーに多くみられる傾向があります。

 

【症状】

 

脂肪腫の主な症状は、次の通りです。

 

・しこりができる。
・触ると柔らかい。

 

【予防・治療方法】

 

脂肪腫の場合は、腫瘍といっても良性の腫瘍なので、特にそのままにしておいても問題はありません。

 

脂肪腫の場合、痛みはありませんが、筋肉の間にできた場合は、腫瘍が大きくなると筋肉を圧迫してしまうので、痛みを伴う場合もあります。

 

腫瘍が大きい場合や、痛みがある場合には、外科手術で腫瘍を切除すれば完治します。

 

ただし、しばしば再発することもあります。

 

原因が不明なため脂肪腫の確実な予防法というのはありません。

 

しこりが見つかった場合、脂肪腫であれば命には別状ありませんが、他の悪性腫瘍である可能性も否めません。

 

見た目では判断できませんので、しこりが見つかった場合には、一刻も早くしっかりと検査をしておくことが大切です。

 

毎日のスキンシップで愛犬の体に触ることも、結果的には他の腫瘍の早期発見にもつながります。

 

病気予防、早期発見という意味でも愛犬とのスキンシップの時間を大切にしましょう。