犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

霰粒腫

 

霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、何らかの原因で眼瞼(まぶた)の縁にあるマイボーム腺が炎症を起こす病気です。

 

愛犬の目やまぶたが腫れていると霰粒腫の可能性があります。

 

【原因】

 

霰粒腫の原因は、瞼の裏にあるマイボーム腺という部分に、分泌物などが溜まってしまう事で炎症が起きた時、その部分が肉芽腫になり固まりイボのようになっていきます。

 

わかりやすく言えば、「めいぼ」といった感じですね。

 

マイボーム腺にできる炎症には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼ばれているものもあります。

 

これは急性炎症を起こしたもので、いわゆる「ものもらい」のことです。

 

麦粒腫は黄色ブドウ球菌などの細菌が目の瞼や縁に感染することで起こります。

 

霰粒腫はマイボーム腺が詰まって慢性的な炎症を起こした状態です。

 

【特徴】

 

見た目はイボのようになっています。

 

再発しやすく、老犬に多い病気です。

 

【症状】

 

霰粒腫の主な症状は、次の通りです。

 

・瞼にイボのようなものができる。
・瞼が腫れる。
・涙が出る。
・目の充血
・気にしてしきりに前足で目をこする。
・こすることで、その部分の毛が抜けていく。
・急性の場合は痛みが出る。

 

【予防・治療方法】

 

霰粒腫の治療には、主に点眼薬と軟膏を使います。

 

瞼の裏にできるので、痛みはないといいますが、しきりに気にして前足で目をこすることがあります。

 

目を気にする場合は、引っかいてしまわないようにエリザベスカラーを着けることもあります。

 

角膜を傷つけてしまう事もあるので、あまりにも気にするようならば、手術で霰粒腫を切除する場合もあります。

 

しかし、全身麻酔での手術になるので、高齢犬の場合には手術をせずに、点眼薬や軟膏を使った治療法を選択するケースが多いようですね。

 

切除する時には、レーザーを使う事で出血も少なく、完治も早いようです。

 

どんな治療法がべストなのかは、犬の年齢などによっても変わってきますので、獣医さんとよく相談したうえで決めていきましょう。

 

霰粒腫は完治することもありますが、再発を繰り返すことも多くあります。

 

そのため、定期的に溜まった分泌物を取り除く処置をしなければいけないケースもあります。

 

霰粒腫の予防法は残念ながらありません。

 

日頃から目の周りを清潔にしておくことを心がけましょう。