犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

リンパ腫

 

人間と同じで、犬にもリンパ腫があります。

 

リンパ肉腫とも呼ばれています。

 

リンパ腫は白血球の1種であるリンパ球が腫瘍化したものです。

 

リンパ腫は悪性腫瘍で犬の腫瘍中では発症率が高く、犬の腫瘍全体の約7〜24%を占めていると言われています。

 

【原因】

 

リンパ腫の原因については、現段階でははっきりと解明されていません。

 

しかし、遺伝的な要因が高いと考えられています。

 

【特徴】

 

一般的には中〜高齢(5〜10歳)のころに発生します。

 

かかりやすい犬種としては、ゴールデン、ラブラドール、ボクサー、バッセトハウンド、セントバーナードなどです。

 

ただし、全ての犬種に発症の可能性があります。

 

リンパ腫のできる部分は様々ですが、あごの下に発症する確率が高いと言われています。

 

【症状】

 

リンパ腫のできる部位によって症状も変わってきますが、主な症状は次の通りです。

 

できた部分のリンパ節が腫れます。

 

食欲低下などがあります。

 

<お腹にできた場合>

 

・下痢
・嘔吐

 

<胸にできた場合>

 

・呼吸困難
・チアノーゼ

 

【予防・治療方法】

 

リンパ腫になった場合、基本的に手術ができません。

 

治療法としては、抗がん剤の投与になります。

 

抗がん剤を投与することで、かなりの確率で腫れが引き元気になると言われています。

 

しかし、これは早期発見、早期治療の場合です。

 

リンパ腫にかかりやすい犬種や、母犬や家族にリンパ腫がある場合には、特に注意しておきましょう。

 

リンパ腫ができやすい、あごの下、脇、腿の付け根などを腫れていないか、しこりはないか、など毎日確認しておくことも大切ですね。

 

犬は病気になった時、自分の意思で行動することができません。

 

人間同様に介護が必要になることもあります。

 

病気になった時、看病をする飼い主さんも大変ですが、一番つらいのは犬自身です。

 

早期発見、早期治療にもつながるので、毎日のスキンシップで犬の全身のチェック、定期的な健康診断を習慣にしておくことも大切なことです。