犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

線維肉腫

 

犬の線維肉腫は、皮下組織にできるガン(悪性腫瘍)です。

 

発症部位はかなり個体差があり、体のいたるところにできるので、特定ができないこともあります。

 

【原因】

 

線維肉腫の原因については、今の段階でははっきりとしたものはわかっていません。

 

【特徴】

 

線維肉腫は比較的高齢の犬に多く発症します。

 

発症部位には個体差があります。

 

顔、足、乳腺など体の様々な部位に発生します。

 

エスプリによく似た症状があるので間違えやすいです。

 

エスプリとは、犬の歯茎にできるしこりのことです。

 

再発率が高く、転移はしにくいと言われています。

 

【症状】

 

線維肉腫の主な症状は、次の通りです。

 

・歯茎にしこりができるが、しこりの成長がとても速い。
・乳腺、顔面しこりができる。
・食欲低下

 

【予防・治療方法】

 

通常、線維肉腫の治療には外科手術が行われます。

 

よほど症状が進行し長い期間放置していない限り、しこりの部分を切除することで、完治に向かうと言われています。

 

しこりが足に出来ていると切断が必要になることもあります。

 

手術ができない場合は放射線療法を併用します。

 

進行を遅らせたり、再発の予防のために化学療法が用いられることもあります。

 

他の部分に転移することもほとんどないようですが、やはり早期発見、早期治療をするに越した事はないですね。

 

犬の線維肉腫の原因がはっきりと解明されていないので、これといった予防法がありません。

 

この病気に関しても、愛犬の健康管理を徹底することです。

 

毎日のスキンシップで体のどこかに異常がないかなど確認しておくのも大切なことですね。