犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

肛門周囲線腫

 

犬の肛門周囲線腫は、その名の通り肛門の周辺に出来るしこり(良性腫瘍)のことです。

 

愛犬がお尻を舐めたり、床にお尻を擦りつけたり、しきりに気にしているようであれば肛門周囲線腫の可能性があります。

 

【原因】

 

肛門周囲線腫の原因は、男性ホルモンが大きく関係していることがわかっています。

 

その他には遺伝、肥満、高齢、ストレスなどが原因と考えられています。

 

【特徴】

 

去勢手術をしていないオス犬、特に老犬に多く発症する病気です。

 

若い頃に去勢手術しておけば、肛門周囲腺腫になる確率は低くなります。

 

稀に避妊手術をしたメス犬にも発症することがあります。

 

再発しやすいため治療後も注意が必要です。

 

【症状】

 

肛門周囲線腫の主な症状は、次の通りです。

 

・便秘
・お尻をきにしたり、痒がったりする。
・お尻を床にこすりつける。
・肛門の周辺にしこりができる。
・2次感染による化膿、潰瘍。

 

【予防・治療方法】

 

肛門周囲線腫の治療は、外科手術で肛門周辺のしこりを切除していきます。

 

この時、去勢手術も同時に行うのが一般的になっています。

 

ただし、非常に再発しやすいので術後も注意が必要になります。

 

高齢のため手術ができない場合は投薬治療が行われます。

 

去勢していないオス犬に多く発症しているので、肛門周囲線腫の予防は去勢手術という事になりますね。

 

去勢手術をすることで、将来かかる可能性のあるオス特有の病気の予防にもなるので、ある程度の年齢になった時、去勢手術を考えるという事も大切なことだと思います。

 

とは言っても、できるだけ早いうちに去勢手術をしておいた方が、色々な病気にかかる可能性も低くなりますし、長生きな犬も多くなっています。

 

去勢手術は、一見残酷で可哀そうなことのようにも思えてしまいますが、愛犬の健康と病気予防を考えた時、必要でありとても大切なことなのかもしれません。