犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

悪性黒色腫(メラノーマ)

 

悪性黒色腫は、皮膚のメラニンという色素を作る細胞がガン化して悪性腫瘍になる病気です。

 

悪性黒色腫は、「メラノーマ」とも呼ばれています。

 

この病名は皮膚のメラニン細胞、メラニン色素から由来しています。

 

【原因】

 

犬の悪性黒色腫の原因についてはよくわかっていません。

 

ただし、老犬に多く発症することから、加齢による免疫力の低下が大きな原因ではないかと考えられています。

 

【特徴】

 

人間も悪性黒色腫を発症しますが、発症率は犬の方が高いと言われています。

 

高齢犬になるほど発症のリスクが増します。

 

体の様々な部位に発生しますが、特に口、皮膚、眼球、爪周囲に多いと言われています。

 

口や爪周囲に発生すると悪性度が高いと言われています。

 

悪性黒色腫は、非常に進行が早く、他の臓器に転移する可能性があります。

 

リンパ節や肺への転移が多く、治療をしても再発しやすいと言われています。

 

【症状】

 

犬の悪性黒色腫の主な症状は、次の通りです。

 

・口内炎
・口の中に黒い色をしたしこりや潰瘍ができる。
・口臭
・口の中から出血する。
・よだれをたらす。
・食欲低下

 

【予防・治療方法】

 

犬の悪性黒色腫は、とても予防が難しい病気です。

 

仔犬の頃から口の中を触ったり、見せてくれるようにしっかりとしつけ、定期的に口の中や、舌の状態を確認しておくことが大切です。

 

稀に腫瘍が黒くない場合もありますが、悪性黒色腫の病名の通り大半は黒い色をしているので、すぐにわかると思います。

 

犬の悪性黒色腫の治療に関してですが、腫瘍を外科手術で切除する方法が一般的です。

 

ただし、腫瘍が奥深くまで進行している場合には、腫瘍だけでなく、あごの骨なども一緒に切除する必要があります。

 

腫瘍のできる部分によっては、手術での切除が難しくなる場合もあります。

 

その場合は、化学療法(抗がん剤)や放射線療法が行われます。

 

治療後は再発や転移をチェックするため、定期的な検診が行われます。

 

異常があった場合には、すぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

 

犬の悪性黒色腫も他の病気と同様に早期発見、早期治療が大切です。