犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

腸内寄生虫

 

腸内寄生虫は「内部寄生虫」と呼ばれています。

 

腸内寄生虫は動物の腸内(小腸や大腸など消化管)に寄生する寄生虫です。

 

代表的なものに「回虫」、「鉤虫(こうちゅう)」、「鞭虫(べんちゅう)」、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」などがあります。

 

年齢、性別、生息地に関係なく、どの犬でも寄生する可能性があります。

 

【原因】

 

寄生虫に感染している犬の糞に接触することで感染します。

 

母犬が回虫や鉤虫に感染している場合は、胎盤感染することもあります。

 

【特徴】

 

犬の腸内寄生虫が大量に住みついている場合や、仔犬や抵抗力の弱い犬の場合は色々な症状が現れることがあります。

 

ただし、寄生している数が少なく健康状態が良ければ、あまり症状が出ないこともあります。

 

腸内寄生虫の中には人に感染するものもあるので注意が必要です。

 

子供や抵抗力が弱い人が感染すると視覚障害などの重い症状が出ることもあります。

 

【症状】

 

腸内寄生虫の主な症状は、次の通りです。

 

・下痢
・体重減少
・食欲低下
・お腹が膨れる
・脱毛

 

【予防・治療方法】

 

腸内寄生虫の治療法は、駆虫薬で寄生虫を駆除して行きます。

 

腸内寄生虫に感染している犬の糞の中には卵があることも多く、道路などに長時間放置されている糞が乾燥し、卵が飛び散ることもあります。

 

散歩に行った時には、できるだけ放置してある糞に近寄らないことも大切ですね。

 

何よりも、飼い主さんが自分の犬の排泄物は責任を持って持ち帰り処理をすることも大切なことですし、飼い主として最低限のマナーです。

 

しかし、いつどこで感染するかまでは分からないので、定期的に駆虫していくことも予防になります。

 

仮に駆虫したとしても、散歩などで外に出かけていれば、再び感染する可能性はいくらでもあります。

 

多頭飼いの場合などは、1頭が感染すれば他の犬にも感染する可能性も高くなるので、徹底的な駆虫が大切です。

 

中には人間に感染する寄生虫もいるので、飼育環境なども清潔にしておくことや、手を洗う事なども徹底しておきましょう。

 

母犬からの胎盤感染の場合は、避けられないことです。

 

特に仔犬は抵抗力もなく、寄生虫でもダメージを受けることがあるので、検便をしっかり行い早めに駆虫をするようにしましょう。