犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ケンネルコフ

 

ケンネルコフは別名を「伝染性気管気管支炎」と言います。

 

犬のケンネルコフは、様々なウイルスが原因で発症する感染症です。

 

ケンネルコフは人間の風邪と症状が似ていることから、「犬の風邪」と言われています。

 

愛犬が咳やくしゃみなどをしているとケンネルコフの可能性があります。

 

放置していると重症化することもあるので、早めに動物病院を受診しましょう。

 

【原因】

 

犬パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルス2型、犬ヘルペスウイルス、気管支敗血症菌、マイコプラズマなどが原因でケンネコフを発症することがあります。

 

ケンネルコフの原因は、飛沫感染です。

 

犬から犬というのが主な感染経路となります。

 

接触感染でもケンネルコフになるので、ペットショップでケンネルコフに感染する仔犬も多くいます。

 

空気が乾いているとウイルスが浮遊しますので、空気感染することもありえます。

 

近所を散歩する程度なら問題ないかと思いますが、ドッグランやドッグパークなどの集団で犬がたくさん集まるような場所に行くと感染するリスクがあります。

 

【特徴】

 

伝染性の高い病気なので、限られた空間(ペットショップなど)で多数犬がいる場合には、感染もしやすくなります。

 

特に免疫力が弱い仔犬や免疫力や抵抗力が低下した高齢犬などにかかりやすいため注意が必要です。

 

抵抗力もなく衰弱が激しい場合には、肺炎を起こして死亡してしまうこともあります。

 

【症状】

 

ケンネルコフの主な症状は、次の通りです。

 

・発熱
・咳
・鼻水
・くしゃみ
・嘔吐

 

ケンネルコフの症状の動画がありましたので、載せておきます。

 

 

 

【予防・治療方法】

 

ケンネルコフの治療法は、咳をすることで体力も消耗していくので、十分な栄養を与え、できるだけ安静にさせることです。

 

咳が酷い場合には、抗生剤や咳止めを使う事もあります。

 

また、自己免疫力を上げるインターフェロンという薬を処方されることもあります。

 

通常、合併症がなければ、1〜2週間程度で症状が治ります。

 

ケンネルコフの予防は、ワクチン接種です。

 

目安として仔犬の場合は、生後2ヶ月と3ヶ月に1回ずつ接種しましょう。

 

その後は年に1回の接種となります。

 

成犬になると年1回予防接種を行うことでケンネルコフを予防できます。

 

冬場は特に空気が乾燥していて、ウイルスも活発になるので、加湿器などで室内の湿度にも注意してあげましょう。

 

加湿器を使わなくても、水でぬらして軽く絞ったタオルを部屋にかけておくだけでも、湿度を保つことができます。

 

簡単な方法でも湿度を保つことができるので、人間も犬もウイルス感染しにくくなりますね。

 

仔犬や老犬は体力も抵抗力も低いので、元気がない時などは、お散歩をお休みするなど工夫をしてあげましょう。

 

ケンネルコフの治療中で運動をさせると悪化する可能性がありますし、他の犬に移す可能性もあるので、治るまでは自宅で安静にしておきましょう。