犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

交配させる理由は明確ですか?

 

もしも今あなたが、自分の犬の交配を考えているとしたら、その理由はなんですか?

 

愛犬の仔犬の顔を見てみたい。

 

知り合いに、愛犬の仔犬が欲しいと言われた。

 

血統の良い犬なので、この血統を残していきたい。

 

交配を考える時には、飼い主さんの考え方もあると思いますが、それと同じように理由も色々あると思います。

 

でも、しっかりとその犬種のことを勉強して、リスクなども考えたうえで、知識があって繁殖をさせているブリーダーさんでない限り、ほとんどの場合は、なんとなく仔犬を産ませたい、これが理由なのではないかと思います。

 

きっかけはどうであれ、最低限その犬種のことを学び、自分なりに理解し、リスク(遺伝性の病気など)がないと確認したうえであれば、交配をさせてもいいと思います。

 

しかし、犬種にもよりますが、1回の交配で何頭の仔犬が生まれるかは、直前にならないとわかりません。

 

1匹だけでよかったけど、3匹生まれてしまったら、後の2匹はどうしますか?

 

きちんと責任を持って、里親を探す自信はありますか?

 

その覚悟はありますか?

 

里親が見つからない場合、また、自分の手で取り上げ、仔犬の時から一緒に過ごしていると、情がわいて手放せなくなることもありますね。

 

自分の手元に残すのなら、それもいいと思います。

 

しかし、きちんとその頭数を飼育できる環境、経済的な問題はクリアしていますか?

 

親子で飼育していく場合、性別が違えば、親子でも兄妹でも、メスが発情を迎えた時、オスは本能で交配しようとします。

 

この場合は、近親交配になるので避けなければいけないことですね。

 

同じ家の中で、発情を迎えたメスを前にして、オスに我慢させるのはとても残酷なことなのです。

 

また、飼い主が目を離したすきに、交配してしまう可能性もあるので、避妊手術や、去勢手術という事も考える必要があります。

 

交配をさせる前には、このようなあらゆる可能性をしっかりと考えておくことが大切です。

 

なぜ、交配させたいのか?

 

その理由を自分自身でもう一度考えてみましょう。