犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ワクチン接種をする

 

犬を交配させ仔犬を出産させる時、やっておかなくてはいけないことがいくつかあります。

 

その中の一つが、ワクチン接種です。

 

仔犬は母犬のお乳を飲むことで、病気などに抵抗するための免疫をもらいます。

 

初乳にはたくさんの栄養と、免疫が含まれているので、これを仔犬が飲むことで仔犬にも母犬の免疫を分けてあげることができるのです。

 

犬の免疫というのは、人間と違い1回のワクチン接種で一生涯免疫を持ち続けることができないと言われています。

 

ある程度の期間は、免疫があっても次第に消えていってしまうため、定期的なワクチン接種が必要だと考えられているのです。

 

(※一部ではこの説は間違っているとも言われていますが、ここでは免疫が次第に低下していくことを前提に考えます。)

 

そもそも、ワクチン接種というのは、何らかの病気のウイルスを微量ながらも体の中に入れて、そのウイルスに対する抗体、つまり免疫を作る目的があります。

 

したがって、ワクチン接種をして即、免疫ができるわけではないので、交配をさせると決まった場合には、前もってワクチン接種をしておくことが大切なのです。

 

母犬が病気に対すると免疫を持っていれば、仔犬はお乳を飲むことで母犬の免疫をもらうことができます。

 

出産の時に母犬から感染してしまう可能性のある病気や、経口で感染する病気の予防もできるというわけです。

 

母犬だけでなく、交配する相手の犬もワクチン接種をしていることが大切ですね。

 

ワクチン接種をしている場合には、証明書がありますので、交配をさせる前にはお互いがワクチン接種証明書の確認も忘れずに行いましょう。