犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

寄生虫駆除をする

 

犬の交配と出産をさせるにあたり、やっておかなくてはいけないことがいくつかあります。

 

その中の一つが、寄生虫駆除をすることです。

 

母犬、父犬ともに交配の前には、健康診断を受ける必要があります。

 

これは動物病院に行き、近々交配の予定があることを告げ、健康診断をしたいと言えばやってもらえるので、飼い主さんは必ず交配の前に健康診断を受けるようにしましょう。

 

生まれてくる仔犬のためでもあり、相手の犬のためでもあります。

 

どちらかが健康でも、どちらかに病気があったりした場合には、相手の犬の健康を損ねることにもなりますし、健康な子犬を産むことができなくなる場合もありますので、しっかりと健康診断をしておきましょう。

 

もしも母犬が、寄生虫に感染している場合には、出産の時に胎盤感染で仔犬にも寄生虫を感染させてしまいます。

 

成犬では命に関わるようなものじゃない場合でも、仔犬は抵抗力も弱く、とてもデリケートなので、最悪命を落とすことにもなりかねません。

 

寄生虫でも軽視せずに、しっかりと駆虫しておくことが大切なのです。

 

命に別状はなくても、寄生虫に感染した場合には、下痢をしたり仔犬の発育にも影響が出てしまいます。

 

下痢をすれば仔犬でも辛い思いをしますし、成長を妨げることになるので、いいことは何一つありませんね。

 

こうなる前に、交配させる前に、しっかりと健康診断を受け、寄生虫駆除をしておくことが大切なのです。