犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

子犬の引き取り先を決める

 

可愛い愛犬の仔犬を見てみたいと思う気持ちは、犬を飼っている人であれば、誰でも一度は考えることだと思います。

 

犬種により仔犬の頭数も変わってきます。

 

一般的には、小型犬は仔犬の頭数が少なく、1回の出産で1頭〜3頭です。

 

大型犬にもなると、1回の出産で8頭〜10頭、もしくはそれ以上になることもあります。

 

しかし、あくまでも一般的な話であって、小型犬でも1回の出産で5頭〜6頭生まれることもありますし、大型犬でも頭数が少ない場合はあります。

 

もしも、あなたが今愛犬の交配と出産を考えているのなら、まずは自分の犬と相手の犬の遺伝性の疾患などを確認しておきましょう。

 

もしも何らかの疾患を持っているとわかったら、残念ですが交配には向いていないので諦める覚悟も必要になります。

 

全てクリアしたのなら、交配をさせて出産の準備に取り掛かります。

 

実際のところは、仔犬の頭数も性別も生まれてこないことにはわかりません。

 

身近に仔犬を欲しいと行ってくれる人がいるのなら、その人達に仔犬を家族として迎え入れてもらう事ができますね。

 

でも、全くその予定もなく、ただ仔犬を産ませたいだけで産ませた時、その子犬達のその後のことまで考えていますか?

 

全部自分の家で最後まで責任を持って面倒をみるというのならそれでもいいでしょう。

 

それが不可能な場合もありますね。

 

仔犬の引き取り先が見つからず、家でもずっと面倒をみられない場合は、どうするつもりですか?

 

実際に生まれてみないと、性別や頭数がわからないという問題はありますが、生まれる前にある程度新しい飼い主さんを決めておくことが大切なのです。

 

新しい飼い主さんを決める時は、必ずしも希望通りの性別にならないことや、何頭生まれるかわからない事、交配に失敗する可能性もあることなども伝えておくと、トラブルを避けることができます。