犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

交配が成功か失敗かの見分け方

 

犬だからと言って、交配しても100%成功する保証はどこにもありません。

 

犬同士の相性や、交配のタイミングなどによっては、失敗することも珍しくないのです。

 

また、犬にも想像妊娠というのがあるのを知っていますか?

 

人間の想像妊娠とはチョット違い、性格には偽妊娠と呼ばれています。

 

人間と違うところは、犬は自分の意思で仔犬を産みたい、妊娠をしたいとは思わないところですね。

 

これは、ホルモンのバランスが原因であることがわかっています。

 

交配をしても、失敗しているのに体のホルモンバランスは妊娠している状態になってしまうので、実際には妊娠していないのに、お乳が張ったり、お腹が膨らんだりすることもあります。

 

偽妊娠の場合には、妊娠しているのと全く同じ症状(つわりや、巣作りのような行動)をみせるので、飼い主さんも交配に成功したと勘違いしてしまう事があります。

 

偽妊娠の場合には、発情から1ヶ月ほどでつわりのような症状が現れます。

 

しかし、実際の妊娠の場合には、もう少し早い20日ほどでつわりのような症状が出てくるので、このつわりがいつ頃あるかによっても、交配が成功か失敗かの見分ける目安になります。

 

通常は発情後2ヶ月間ホルモンのバランスが変わるので、偽妊娠の場合は、ホルモンが正常に戻ると偽妊娠の症状もピタリとおさまります。

 

交配後すぐに、成功か?失敗か?を見分けることは難しい事ですが、こういったつわりの時期なども一つの目安になると覚えておきましょう。

 

犬は約2ヶ月で出産しますので、予定日が近くなったら、動物病院でレントゲンを撮りお腹の中に赤ちゃんが何頭いるかの確認もできます。