犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

妊娠した場合

 

犬の場合、交配後約60日間の妊娠期間を経て、仔犬が誕生します。

 

交配後すぐに妊娠するわけではなく、着床するまでに約2週間〜3週間かかるので妊娠している期間自体はもっと短くなります。

 

という事は、人間に比べると、とても早い成長という事になりますね。

 

交配後約1ヶ月ほどで安定期に入ります。

 

この頃からお腹も少しずつ大きくなり始め、乳房も大きくなってきます。

 

仔犬は日に日に成長していくので、母犬も今までよりもたくさんの栄養を必要とします。

 

サプリメントなどを与えることもできますが、できるだけ妊娠犬用のドッグフードを与えるようにしましょう。

 

できれば妊娠中はシャンプーは控えた方がいいのですが、どうしても気になる場合には、妊娠中期に一度シャンプーを済ませておきましょう。

 

妊娠後期になってくると、見ているのがかわいそうなくらいお腹が大きくなってきます。

 

我が家の場合は、ミニチュアダックスだったので、足が短いためお腹が床にくっつきそうでした(笑)

 

できるだけ段差のあるところや、ソファーの上から飛び降りたりしないように注意しておきたいですね。

 

ちょっと動くと、「フーッ」とため息をつくこともあり、かなりお腹を重そうにしています。

 

胃を圧迫するので、一度にたくさん食べることができないため、食事は1回の量を減らし回数を増やしてあげましょう。

 

抱き上げる時には、お腹に負担をかけないように慎重に抱き上げてあげましょう。