犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

出産の準備

 

犬の出産予定日が近づいてきたら、少しずつ出産の準備を始めましょう。

 

まずは、出産の時はかなりお尻のあたりが汚れますので、毛の長いワンちゃんはあらかじめお尻の周りの毛を短めにカットしておくといいと思います。

 

我が家の場合は、尻尾の毛もサマーカットのように短くしておきました。

 

産室は段ボールで代用できますので、犬の体格に合わせて少し余裕を持ってスペースを広めに作ってあげましょう。

 

お産が寒い冬の場合には、産後のことも考えてあらかじめ、ペット専用のヒーターも設置しておくといいですね。

 

出産前に準備しておくと便利なアイテムを紹介しておきます。

 

<体温計>

 

出産当日は体温が約2℃ほど下がるので、こまめに体温を測っておきましょう。

 

<タオル>

 

タオルは何枚あってもいいですね。

 

汚れても洗えばいいので多めに用意しておきましょう。

 

<糸と鉗子とハサミ>

 

仔犬が生まれた後、へその緒を結び切る時に使います。

 

私の場合は、かかりつけの動物病院で糸を分けてもらい、ハサミと鉗子も貸してもらいました。

 

あるととても便利なので、可能ならば用意しておきましょう。

 

すべて滅菌したものを用意しました。

 

<消毒用のエタノールと滅菌したコットン>

 

鉗子とハサミを使った後に、これで拭き取り消毒をしました。

 

<はかり>

 

仔犬が生まれたらすぐに体重を量ります。

 

キッチンで使うようなはかりを使いました。

 

生後しばらくこの計りで仔犬の体重を量るのであると便利です。

 

<ペットシーツ>

 

新聞紙でも代用できますが、ペットシーツの方が清潔ですし、汚れたらすぐに取り換えられるので私はペットシーツを使いました。

 

仔犬が産まれたらすぐにお湯で洗い清潔にしてあげます。

 

新しいお湯ならばお風呂のお湯でもいいですし、キッチンでお湯がすぐに出るように用意しておきます。

 

<洗面器>

 

洗面器もあると便利なので、できれば用意しておきましょう。

 

<ゴム手袋>

 

素手で触るのに抵抗があると思い、滅菌されたゴム手袋も分けてもらったのですが、夢中になっていたので素手で行いました。

 

もちろん、事前に手はキレイに洗っておきましたけどね(笑)