犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

産室の設置場所

 

産室の設置場所については、各家庭で犬が普段どういう暮らしをしているかにもよりますね。

 

大切なのは母犬が安心して出産できる環境を作ってあげることです。

 

室内犬、屋外犬によっても変わりますが、できるだけ母犬が安心して落ち着ける環境を用意してあげましょう。

 

私の場合は、普段は室内で自由にさせていたので、お気に入りの場所、リビングに産室を用意しました。

 

サークルの中に段ボール箱で作った産室を用意していたのですが、産んだのはサークルの外でした(笑)

 

母犬が自分で決めて選んだ場所なので、そのままそこで出産をさせました。

 

予想外の場所だったのですが、とりあえず、万が一に備えて新品のレジャーシートを用意しておいたので、それを敷き、その上に新聞紙、ペットシーツを敷きつめ、そこでの出産になりました。

 

これは犬によっても違いがあると思いますが、母性本能の強い犬の場合には、信頼している飼い主さんでも警戒することがあるので、完全に箱の中で自力で産むこともあります。

 

我が家の場合は、産まれてすぐに仔犬を洗うため、いったん母犬から取り上げました。

 

その時はとても心配そうに、仔犬を守るようなしぐさを見せましたが、すぐに母犬の元に戻したので大丈夫でした。

 

犬の性格によっても、対応を変えてみるといいと思います。

 

飼い主さん一人では大変なので、できれば2人いると心強いですね。