犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の出産予定日

 

犬の妊娠期間は個体差がありますが、だいたい58日〜63日だと言われています。

 

出産予定日は、交配させてから、58日〜63日後という事になりますね。

 

妊娠期間も産まれる頭数も、同じ母犬でも毎回違いますし、出産する日も60日を目安に前後することもあります。

 

出産の兆候というのは、ある程度わかっていると思いますので、できれば出産予定日の前後は、愛犬の様子を常に見守ってあげましょう。

 

自力で産める子もいますが、中には助産をしてあげないと自力で産めない子もいます。

 

小型犬の場合は、自力で出産出来ない場合も多いので、飼い主さんの助けが必要になります。

 

しかし、出産予定日はあくまでも予定日なので、必ずしもその日に生まれるというわけではありません。

 

予定日よりも早く産まれることもあれば、かなりのんびりと予定日よりも遅れて産まれてくることもあります。

 

約2〜3日はずれることがあるので、出産予定日の前後は飼い主さんも、愛犬がいつでも出産できるように準備をしておくといいですね。

 

場合によっては、帝王切開の必要が出ることもあるので、出産予定日の前後数日は、かかりつけの獣医さんといつでも連絡が取れるようにしておきましょう。

 

それでもいつ産まれるか心配で仕方がないという場合には、出産予定日の1週間前くらいから体温を測っておくといいでしょう。

 

毎日体温を測り、それを折れ線グラフにしておくと体温の変化もわかりやすいのでオススメです。

 

産まれる数時間前には、2℃くらい体温が低下しますので、体温で産まれる時を知る目安にもなります。