犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

形成術

 

犬には色々な犬種がいて、生後すぐに断尾をする犬種もいます。

 

私個人の考え方としては、別に尻尾があっても特に困ることはないので、断尾は人間の身勝手で残酷な行為だと強い違和感を持っています。

 

ある縁で、生後間もないコーギーの仔犬の断尾の場に立ち会ったことがありました。

 

仔犬には麻酔を使えないということで、麻酔もなしで尻尾をちょん切ります。

 

一瞬「え?」と自分の目を疑いました。

 

止血のために、焼きゴテを当て止血します。

 

仔犬は痛みを感じない?

 

それは大ウソです!

 

その間ずっと仔犬たちは、長い間、悲鳴に近い鳴き声を上げていました。

 

なぜそこまでして仔犬たちに苦痛を与えるのでしょうか?

 

尻尾がない方が可愛いからでしょうか?

 

尻尾があるとコーギーではないと誰が決めたのでしょう?

 

さらに、産まれてから数ヶ月で断耳をする犬種もいますね。

 

耳を立たせる犬種は、全身麻酔で耳を切り、切ったところを糸でかがり形を考えながら固定して耳を立たせるのです。

 

この時麻酔を使いますが、麻酔が切れたらきっとしばらく痛い思いをすると思うのです。

 

海外ではこの行為を「譜動物虐待」にあたるとして、今まで断尾や断耳をしてきた犬種も、それを行わないという運動があります。

 

垂れ耳のドーベルマンやミニチュアピンシャーもとても可愛いものです。

 

尻尾のあるコーギーもいたっていいじゃないですか?

 

最近では日本でも、断尾や断耳をしないという飼い主さんも増えてきていますね。

 

形成術なんてしなければいいのに、と全く個人的な考え方ですが、私はそう思っています。