犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

公営の斎場を利用する場合

 

愛犬の死を迎えた時というのは、とても辛くて悲しい気持ちでいっぱいになりますね。

 

でも、いつまでもそのままにしておくわけにもいかないので、愛犬を送る方法を決めなくてはいけません。

 

そばにいてほしい時は、自宅の庭に埋葬する人もいますね。

 

私もこの方法を選びました。

 

しかし、庭がない場合には、ペット霊園や公営の斎場を利用する方法があります。

 

近くに、斎場がある場合、ペット霊園というわけではなくても、斎場によってはペットの火葬のみなら利用できることもあります。

 

以前友人の犬がなくなった時に、近くの斎場で火葬することになり、付き添ったことがあるのですが、中は冷たくてひんやりしていて、うす暗い倉庫のようなところに、他のワンちゃんの亡骸も一緒にされていました。

 

それを見た瞬間友人は、ここではあまりにも可哀そうだからと、ペット霊園に頼むことにしました。

 

すべての斎場がこうだと言うわけではありませんが、公営の斎場を利用する場合には、ある程度こういうことになることも覚悟しておいた方がいいと思います。

 

個別に火葬してくれるところは、おそらくないのではないでしょうか?

 

やはり、費用の面など考えた時、まとめて火葬するという考えのようですね。

 

人間ではありえないことです。

 

悲しい現実ですが、どうしても動物はこういう扱いをされてしまうようです。

 

公営の斎場を利用する場合には、事前に問い合わせて詳しい事を聞いておくといいと思います。