犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

合同葬の場合

 

愛犬がなくなった時、どうやって天国へ送ってあげるかを決めなくてはいけませんね。

 

その中の一つに、合同葬というのがあります。

 

これはペット霊園などで、他のペットと一緒に火葬され、そのまま一緒に埋葬する方法です。

 

これにも色々な考え方があり、メリットとデメリットがあります。

 

まず、愛犬が一人ぼっちで寂しい思いをしなくて済むという安心感は持てると思います。

 

これはペット霊園によっても変わってきますが、合同葬の場合は料金も安く済むので、経済状況などによっても合同葬を選ぶこともあると思います。

 

ただし、合同葬の場合には、他のペット達も一緒に火葬されるので、自分の愛犬の骨を拾ってあげることができません。

 

当然、お骨を家に持って帰ることもできないというデメリットはあります。

 

お葬式や告別式は、愛犬の思いでだけで行わないと行けないので、この場合には合同葬ではなく、個別で行う方がいいと思います。

 

長年暮らしてきた愛犬が骨になった姿を見るのが悲しすぎて辛いというのなら、合同葬もいいかもしれません。

 

これもペット霊園によって違いがありますが、合同葬の場合は、火葬後の骨は、合同で埋葬されるか、合同納骨堂というところに保管されるようになっています。

 

合同葬を悪く言うつもりは一切ありません。

 

飼い主さんがメリット・デメリットを考えたうえで決めてみてくださいね。