犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

自宅へお骨を持ち帰る

 

愛犬を天国へ送る方法に火葬をする場合がありますね。

 

ペット霊園や犬の葬儀屋さんで、火葬をしてもらう事ができます。

 

合同葬では、自分の愛犬のお骨だけを拾い持ちかえることはできません。

 

自宅へお骨を持ち帰る場合には、個別葬を行います。

 

火葬後遺骨をどうするかは、飼い主さんが決めることですが、すべて持ち帰り、自宅の庭にお墓をつくり埋めるという人もいるでしょう。

 

人間と同じように、49日を迎えるまで自宅に持ち帰り、その後納骨することもできます。

 

一部では分骨をし、ペット霊園と自宅の両方に置いておく人もいますね。

 

また、遺骨の一部をペンダントにして、肌身離さず身につけている人もいます。

 

ずっと一緒にいたいからと、大切に保管して家に置いておく人もたくさんいます。

 

安らかに成仏してほしいからと、ペット霊園で納骨する人もいます。

 

よく、分骨はいけないとか、自宅に骨を置くのは良くないと言う人がいますね。

 

実際に宗教などでも考え方が違いますし、考え方は人それぞれなので、飼い主さんがべストだと思う方法でお骨を保管してもいいと思うのです。

 

確かに骨を分けてしまうのはちょっと抵抗がある気もしますが、遺骨の一部をペンダントにして、肌身離さず持っているのはとてもステキなことだと思います。

 

大切なのは、愛犬が安らかに眠り天国へと旅立ってくれることであり、飼い主さんも愛犬の事を忘れずに思っていることだと思います。