犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

赤ちゃんが一緒いても問題ない犬はいますか?

 

赤ちゃんが一緒いても犬を飼う事ができるかどうかについては、家庭環境としつけがきちんとできるかどうかによると思います。

 

比較的性格が温厚で人なつっこく、あまり神経質にならない犬種ならば、子供ともすぐに仲良く慣れるので、小さいお子さんがいる家庭でも犬を飼う事はできると思います。

 

探せばふさわしい犬種もたくさんいます。

 

ただし、犬だからといってもかかる手間は人間が一人増えるのとほとんど変わらないと思います。

 

赤ちゃんがまだ小さいのなら、赤ちゃんにかかる手間を考えた時、果たして犬を飼う余裕があるかは、疑問に思ってしまう部分もあります。

 

ただでさえ手のかかる赤ちゃんの面倒を見るので精いっぱいなら、犬の面倒を見る余裕はありませんよね?

 

そういう場合は、少し赤ちゃんに手がかからなくなるまで待つのも一つの選択肢だと思います。

 

仔犬は本当に手間がかかります。

 

仔犬の頃に人間との付き合い方をきちんとしつけておかないと、子どもと一緒に遊ぶこともできなくなってしまうかもしれません。

 

赤ちゃんと一緒に成長して欲しいと言う理由で、犬を飼う人もいると思いますが、まず犬を飼うという事はそれだけ手間もお金もかかるという事を理解してほしいと思います。

 

他に人出があったり、赤ちゃんの面倒も見ながら、犬の面倒を見てきちんとしつけもできるというのなら、その時初めて、どんな犬がいいか家族で話し合い決めてみてはいかがでしょうか。