犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

仔犬は生後何ヶ月くらいから飼っても大丈夫ですか?

 

理想を言えば、3ヶ月〜6ヶ月でも全く問題ないと思いますし、そのくらい母犬や兄妹犬と過ごした方が、健康面でも丈夫な仔犬が育つのでいいと思っています。

 

ブリーダーさんによっても違いがありますが、実際に最低3ヶ月〜4ヶ月までは手元で育てそれから、新しい家族のもとに送りだすブリーダーさんもいるくらいです。

 

しかし、どうしても仔犬の頃の可愛さがなくなってしまう事もあり、今は2ヶ月くらいで仔犬を迎える人が多いようですね。

 

ペットショップの場合は、それよりも早く母犬と引き離してしまうので、免疫や抵抗力などもなく弱い仔犬が多いような気がします。

 

1日でも長く母犬や兄妹犬達と過ごさせてあげたいので、生後6ヶ月の仔犬でも全く問題はないと思います。

 

仔犬を飼う場合は、早くても生後2ヶ月〜3ヶ月だと思います。

 

生後6ヶ月の仔犬でも新しい環境になれるまでは、下痢をしたりする事もあります。

 

まして、2ヶ月の仔犬ならなおさらですね。

 

小さい仔犬は見た目は可愛いものですが、育てるのにはとても手間がかかりますし、ちょっとしたことで体調を崩したり、最悪の場合は死んでしまう事もあるので、とてもデリケートだという事を覚えておくといいですね。

 

初めて犬を飼うという人は、最低でも2ヶ月〜3ヶ月まで待って家族に迎え入れるのがオススメです。