犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

歯石が付いた場合はどうすればいいですか?

 

歯石については人間と全く同じと考えてみてください。

 

犬もできれば毎食後は無理でも、1日1回は歯磨きの習慣をつけてあげたいですね。

 

歯石と言うのは、いきなり歯石ができるわけではなく、食事のあと歯を磨かずにいると歯垢がたまります。

 

これが唾液などで徐々に時間をかけて石灰化し、歯石になっていきます。

 

歯石になってしまうと、歯ブラシで磨いても、頑固にこびりついているので、簡単にはとれなくなります。

 

歯石母と歯茎の間にどんどん入り込み、最終的には歯を支えている骨まで溶かしてしまう事になります。

 

歯垢や歯石には細菌や雑菌も潜んでいるので、口の中が不衛生な状態になり、歯周病になったり、歯槽膿漏になれば口臭も酷くなります。

 

口の中が常に不衛生な状態なので、食べ物を食べても雑菌が入り込み健康的にもよくありません。

 

歯石が付いた場合は、専用の器具を使わないと取り除くことができません。

 

犬は口をあけていることが難しいので、全身麻酔をしスケーリングといって歯石を取り除く処置をします。

 

スケーリング自体は、歯石を取り除くだけですが、全身麻酔は体にも負担がかかりますし、それなりに費用もかかります。

 

歯石が付いている時間が長くなれば、歯もグラグラしてきますので、最悪歯を何本か抜歯しなければいけなくなる可能性も高くなります。

 

犬も人間も1本でも歯を失うと、全体のかみ合わせが崩れてきて、ガタガタになってしまいます。

 

人間は入れ歯などで代用できますが、犬はそういうわけにはいきません。

 

噛むことができなくなれば、食べ物を丸のみするか、やわらかいものしか食べられなくなってしまいます。

 

消化も悪くなり結果的に長生きできないことにもなりかねないので、歯磨きの習慣はとても大切なのです。