犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の爪切りは必要ですか?

 

大型犬で体重も重く、毎日散歩に行くのなら、ある程度爪が削れるので、爪切りをしなくてもいい具合もあります。

 

でも、小型犬や室内で暮らす犬は、どうしても爪が伸びやすいので、爪切りは全くしないよりは、伸びてきたなと思ったらすればいいと思います。

 


 

中には、室外犬でも爪切りをせず放置していて、爪が長く伸び指や肉キュウに刺さってしまい、化膿しているようなケースもあります。

 

しかし、室内犬の小型犬でも散歩に行く時間が長い場合は、爪があまり伸びないので、全く切らないという飼い主さんもいるようですね。

 

我が家の場合は、散歩に行っても爪は伸びるので、フローリングのところを歩く時、爪が当たりカチカチと音がするようになった時が切り時だと思っています。

 

爪切りをする時は、いきなり切るのではなく、数ミリずつ様子を見ながら何回かに分けて切るようにすれば、失敗もなく出血させ犬が嫌がるようなことも少なく済むと思います。

 

とは言え、私も何度か切り過ぎて出血させてしまった経験があります。

 

申し訳ない気持ちとともに、あふれ出てくる血に慌ててしまいますが、止血剤を使えばすぐに出血も止まりますので、止血剤を用意しておくといいですね。

 

あまり伸びないのであれば、切らなくてもいいと思いますが、生きていれば爪も伸びてきますし、伸ばし放題にしていればトラブルにもなります。

 

自分でできない場合は、動物病院に行けば(各病院で、料金はちがいますが)500円〜1,000円くらいで爪切りをしてもらえるので、任せるのもいいと思います。