犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬を多頭飼いする時の注意点は何ですか?

 

まずは犬の習性を勉強してみてください。

 

犬は本来群れで行動していました。

 

オオカミと同じですね。

 

ペットの場合は、家族を群れとみなし行動します。

 

飼い主が群れのリーダーとなり、続いてその家族、最後に犬が来るのが理想です。

 

多頭飼いの場合には、犬の中でも最初から犬先住犬が一番上になるので、新しく迎えた仔犬は、群れの中でも一番下という事になりますし、そういう態度で接する必要があります。

 

何頭増えてもこれは同じなので、覚えておきましょう。

 

まず何をするにも、先住犬を優先させます。

 

スキンシップを取る時、食事を与える時、遊ぶ時にも、一番最初は先住犬から始めます。

 

飼い主さんがこう順序を付けることで、後から来た犬も、先住犬の方が上なのだと理解していくので、群れの中でもトラブルが起きません。

 

しかし、仔犬の可愛さに負けてしまい、先住犬をおろそかにしてしまうと、仔犬は立場を誤解してしまい、先住犬を敬わないようになります。

 

また先住犬もいじけてしまったり、やきもちをやいて、意地悪をするようなこともあります。

 

飼い主さんの何げない行動も、犬はしっかりと見ていますので、犬に接する態度は常に一貫し、先住犬を敬う事が大切です。

 

先住犬が気持ちの優しいおっとりとした性格で、後から来た犬が気が強く、勝気な性格の場合は、立場が逆転しているように見えてしまう事もありますが、飼い主さんが常に先住犬を敬っていれば、意外と上手くやってくれるはずです。

 

犬を多頭飼いする時の注意点は、先住犬を敬うことです。